【重要】「蛇酢と木綿と」へお越しの皆様へ。 連絡方法について。ご一読ください。


2013年03月16日

「わすれない ふくしま」ニコで上映

ドキュメンタリー映画「わすれない ふくしま」( 四ノ宮浩監督最新作)ニコニコ映画上映会 (番組ID:lv128876704)

ネットチケット700円が必要です。
上映は今晩ですが期限付きでタイムシフトもあるので後ほど見ることもできるようです。
未だやってみたことがないんだけど、ニコ上映は安くていいんですよね。
ハードルは手続きの問題、あと予算と時間(´・ω・`)

タイトルは柔らかいですが、ハードさを感じさせる予告編。
フィリピンのスモーキーマウンテンで暮らす子供達のドキュメントなどで世界的にも評価の高い四ノ宮浩監督作品。
原発事故後に自殺した酪農家さんの奥さんが東電を訴えるということで、その記者会見に監督も随行されていましたがなぜタガログ語ができるのかというと、そういうことだったのですね。

見た人からは「自分が福島にいるようだ」という感想がでているそうです。
そうか・・・
見るべき作品かも知れない。


映画「わすれない ふくしま」公式ホームページ
http://wasurenai-fukushima.com/
posted by ゆかわ at 09:46| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

川内さんには踊って欲しい。

ニュースバックヤードが最終回だ悲しいだもうやだ〜(悲しい顔)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv101511276?ref=top&zroute=index
21:00から2時間スペシャル。
posted by ゆかわ at 11:25| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

推進するならまっとうに、真摯に。できないなら考え直してみてください。

だるだる。ばてばて。
しかし夏の名残を有効に使わねば・・なんか最後の夏みたいな気分なんですがなんでだろ。
ほんとに最後なのか?(´・ω・`)
そうでないとしても人生は短いですよね。

さて。
昨日の番組。

<どうする?原発>徹底討論!容認派vs反対派〜127万人ユーザーアンケートから考える日本のエネルギーと未... (番組ID:lv104887182)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv104887182?fb_action_ids=145533788920627&fb_action_types=og.likes&fb_source=timeline_og&action_object_map=%7B%22145533788920627%22%3A10152072598640217%7D&action_type_map=%7B%22145533788920627%22%3A%22og.likes%22%7D&action_ref_map=%5B%5D

番組名長いので切れてる。
ちらちら見てましたが途中で睡眠、あとでタイムシフトでちゃんと見る予定。

あ、番組タイトルは推進でなく容認になってますね。
今気がついた。

続きを読む,,,
posted by ゆかわ at 09:35| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

大好きなニュースバックヤードが来週で終わっちゃうのはなんでだ

はちゅねーーーーかくちゃーーーーんもうやだ〜(悲しい顔)
角谷浩一と松嶋初音のニュースバックヤード (番組ID:lv101511056)
まさか有料チャンネルになるとか・・・
かなしい・・・(;ω;)
そんなわたくしのかなしみの渦の中、
昨日は民主党を辞めた平智之衆議院議員が生登場。
平さんは原発即時停止を主張、すっごいわかりやすい。
わかりやすいというのは甘い文言を連ねているのとはちがうよ。
ニコ生では推進コメが多いんだけどあれではだいたい黙らざるを得ないね。

続きを読む,,,
posted by ゆかわ at 08:52| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

おもしろいのでみんなでみよう(・∀・)行政事業レビュー公開プロセス

風邪引いたらしいのであたまがいたいお(;ω;)

霞が関を丸はだか!  国を丸ごと仕分けちゃおう!
行政事業レビュー公開プロセス(期間限定)
http://www.cao.go.jp/gyouseisasshin/contents/02/koukaiprocess.html6/11

ブログパーツあったので貼ってみる。

たぶん誰でも見れるシステム。

昨日からだったの知らなかった。
経産省あとで見よっと。
やってることは省庁内の事業仕分け。

内閣府視聴中。
何の事業について話すのか画面の上に書いてくれると嬉しい。

平成24年度行政事業レビュー 公開プロセス対象事業一覧
・実践キャリア・アップの推進に必要な経費(PDF形式:259KB)
・地域社会雇用創造に必要な経費(PDF形式:263KB)
・青年国際交流経費(PDF形式:148KB)
・各国アカデミーとの交流等の国際的な活動(PDF形式:264KB)
・新しい公共支援事業(PDF形式:188KB)
・総合防災情報システムの整備経費(PDF形式:238KB)
http://www.cao.go.jp/yosan/kanshi_korituka/review_24.html

園田政務官てなんかひさしぶり。
青年国際交流経費の項目だと思いますが、
園田さんがずばっと廃止に\(^O^)/
一人200万の船に20万で乗れる参加者には嬉しい企画、ですが、
成果が説明できていませんでした。
優秀な若者が選ばれてるのでそもそもこれに参加しなくても優秀だろうし、
そこに乗れない国民が税金を出すメリットは?
という質問も出てました。
民間でも同じようなものはあるそうです。
伝統ある事業のようでお役人サイドは不服そうでした。
しかし
お金ないときに無駄を省くのは
あ た り ま え
ですよね。

こういうやりとりを政治家とやったら役人が口で勝つんだろうなあ。
省庁の方はぜひこういう機会を積極的に活用して、
一般的な感覚を多少なりとも養っていただきたいですね。




posted by ゆかわ at 15:18| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

きょうのニコナビ

そんなコーナーはないのですが。
今日これからのニコ生で気になった番組をピックアップ。

海外ドラマ「LOST<シーズン3>」(字幕版・吹替版)一挙放送【前半】 (番組ID:lv86156064)
2012/06/02(土) 開場:12:50 開演:13:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv86156064?ref=top&zroute=index
ロスト見たこと無し。
前回は予約してそのまま期限が切れたもうやだ〜(悲しい顔)
一挙放送や映画は見るのに気合いがいるので、後回しにしている間に切れてしまう事件多発。
予約していたゴケミドロ見れなくてショック(;ω;)

ニューロティカ結成28周年LIVE 〜ARBカバーも歌いあげる! 〜@新宿LOFT (番組ID:lv93860247)
2012/06/02(土) 開場:18:50 開演:19:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv93860247?ref=top&zroute=index
ロティカさんは若者に人気があると聞いていましたがこのような新作アニメの主題歌をしていたとは。
ARBって、ARB?
全く事情が不明。
1回ぐらい見てみようと思いつつまあいいかにしてしまったアニメなので、
一回ぐらい見てみれば良かった(´・ω・`)

ニコニコ ナショナル ジオグラフィック チャンネル【アンコール】 『ミッドウェー海戦の日』 (番組ID:lv88249971)
2012/06/02(土) 開場:22:50 開演:23:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv88249971?ref=top&zroute=index
2本あって1本目
◆完全再現!史上最強の軍隊 日本vsアメリカ ミッドウェー海戦
23:00〜
海戦をアメリカ視点から分析。
日本の提督が微妙に日系じゃないアジアの人っぽかったり
「ごはん」ですし食ってたり文化面での調査がアレですが、
帝国海軍が何故負けたのかというなるほどのストーリーです。
日本のやり方って結局ずーっとこうなんだよね。
物資も人的資源も少ないので短期決戦を仕込むのは仕方ないとして、立てた計画がいったん狂うとアドリブが利かず後がグダグダ。
調査や偵察を重く見なかったり、それぞれの部署に独立した権限がないとか、優秀な人材を粗末に扱い、客観的に無理だっつーのに根性で何とかしようとし、一度しくじるとお終いでセカンドチャンスが与えられない、などの面は悪い伝統だと思う。
日本側から見れば「いやあのときはああいう事情が」とか出てくるのだと思うけど、
結局負けてるから(´・ω・`)
歴史には学ぶべき。

大震災の津波でやられた空港をトモダチ作戦の米軍がやってきて、
あっという間にきれいにしていった話とか、ダメージコントロールの伝統なのかと思いました。

2本目は初見。カラーとな。
(いや、やっぱり見てました。色々と貴重映像。)
プレミア会員でないと放送中だいたい追い出されますので、タイムシフト予約推奨。



posted by ゆかわ at 10:05| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

濃い昭和

ベルサイユのばら
http://gyao.yahoo.co.jp/p/00114/v12080/
昔の少女ってこんなの読んでたんだなあ。
濃すぎる。

ジャンヌ・バロアによる首飾り事件など本当にあった話で、
wikiなど見つつ本編を見るとまた興味深いものがあります。
昔見たテレビで池田理代子先生が、資料が間に合わなくて大変だったとおっしゃってました。
これ当時の週マ(週刊マーガレット)ですよね。
いろいろと凄いわ。

ストレスのたまった民衆は自分たちに都合のいい
ジャンヌの嘘を信じ、味方をする。
それを俯瞰で見ているロベスピエール一派。
やっぱりおもしろいわーかわいい
オスカルさまとかマリー・アントワネットさまのイメージが強いですが
バックグラウンドのフランス革命がおもしろいです。

私利私欲のために平気で大嘘をつくジャンヌにはらはらふらふら
はらはらを通り越して恐怖。
ウソなんかどうせばれるのに何故・・・と思ってしまう。
ピノキオとかも自分にとって怖いストーリーです。
「嘘をつかない」という簡単なことが何故できないのか、
後で恐ろしいことが待っているのに何故学習しないのか。。。(´・ω・`)
と、子供の自分は思ってたんだけど、
息を吸うように出任せを言う人って存在するんだよね。
後先考えない人も。
これは決して「子供の特性」ではないと思う。
逆サイドに位置するタイプの子供にとって、
世の中には「自分とは違う人がいる」ことを前もって知ることで
危機回避能力のスキルを上げるという、
いいおべんきょうになるのである(キリッ
フィクションの力って意外と大事だと思う今日この頃。
ドラマもアニメもフィクション力が足らないとつまらない(´・ω・`)


ヒンデンブルグ大爆発
http://gyao.yahoo.co.jp/p/00968/v00008/
配信終了日:2012年3月24日

陰謀かはたまた事故か?
約90人の乗客、乗務員のうち30数名は助かってるんですね。
けっこう意外。
たまたまそのときビデオ(当時は8ミリ?)カメラを持ち込んでいた人がいて、
事故前に撮られた船内の映像があります。
映画「カタストロフ」などで事故映像はさんざん見てますが、
これは初めて見た。

ちなみに映画はこれですね
カタストロフ 世界の大惨事
昔はこういうショック映画みたいのテレビでばんばん流れていたなあ。
多少は抗議もあったでしょうが、それでも昔のテレビは余裕があったんでしょうか。
なんで今はこんな自主規制まみれになっちゃったんだろ(・ω・)?

その人は手にしていたカメラで窓ガラスをたたき割って脱出しています。
いざというとき何が役にたつかわかりませんね。
以下ネタバレなのでご注意。


続きを読む,,,
posted by ゆかわ at 11:57| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

カブトボーグが面白すぎる件


ニコニコアニメスペシャル「人造昆虫 カブトボーグV×V」二日連続一挙放送〜二日目〜
http://live.nicovideo.jp/watch/lv68084536?ref=top

12時間一挙放送

昨日一日目、なんとなく見始めたらとまらなくなってしまい、
最初から見て途中数回追い出されつつも一応完走、
最後の方だけ寝ちゃって見れませんでした(汗)残念・・
4話に一回休憩があってよかったです。
さすがに一気見はきついふらふら

暇な方は見ないともったいないのでつい紹介わーい(嬉しい顔)
浦沢義雄ファン必見。
子供アニメや特撮系の脚本家さんです。
自分が名前だけで作品を見たくなる人。
現実的には全然追い切れませんが・・
カブトボーグの栽培とか養殖とか
どこから出てくるんだろう犬
異次元設定の現れ方のさりげなさがすごすぎる。
素パスタのまずそう感とか・・
ゆでたパスタにオリーブオイルかけるだけて・・・
炒めて塩こしょうでもしたら美味しいんですよ。
ということを知っていて書いてるのかそうではないのかというのも気になります。

そういえば考えてみると
好きな脚本ってあんまり無いですね。
あんまり思いつかないなあ。
テレビだとクドカンぐらいかな猫
ちゃんと見たいのは向田邦子さんです。

思い出したので追記。
昔は伴一彦さんの作品が好きだった頃がありました。
木下プロのドラマとか・・
ドラマのTBSという時代がありましたね。
人が変わると全部変わっちゃうんだなモバQ
posted by ゆかわ at 08:56| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

ヴェンダース飯舘に立つ

福島県飯舘村を訪問したヴィム・ヴェンダース監督「最後の訪問ではなく、第一回目の訪問」
http://news.walkerplus.com/2011/1028/21/

>ガイガーカウンターが記す放射能の数値に、
「私は映画作家であるのに、初めて自分の目が信じられないと思った。私の五感が知らせていることを信じるのだけれど、それが違っていたとすると、どうしたら良いのか。絶対に二度とこのようなことがあってはいけないと、世界に知らせる責任がみんなにある」
と熱い思いを語った

ようこそヴェンダースさん。
あなたが美しいと感じた飯舘を少しで良いので撮ってみて。
それ見たら多分泣くもうやだ〜(悲しい顔)


「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」
http://pina.gaga.ne.jp/top.html

2012年2月25日(土)公開

この人のことはグーグルトップで知った。
なにか、この世のものではないようなイメージだったよ。



ヴェンダース監督は好きだけどあんまり見れてません。
パリテキサスも見とらん。

これも最期の日までにもう一回みておきたい映画の一本だなあ。

posted by ゆかわ at 11:22| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

鬼束ちひろ「包丁の上でUTATANETS」

ニコ生でほんとうに生放送wwwww
ファンの人、鬼束さんがあんな人だって、知ってたの?
ずるいやするいやー!
(・∀・)
来月のどこかでまたあるそうです絶対見ます。

鬼束ちひろチャンネル
posted by ゆかわ at 00:33| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

19時プロレス!

http://19pro.ne07.jp/

時々ニコ生でみるようになりましたが
レギュラーじゃなかったなんて!

くるみ選手とつくし選手の試合が素晴らしかったので貼りました。
上記のサイトにユーストリームのアーカイブがあります。
多分一週間で入れ替えと思われます。
くるみちゃん小学生、つくしちゃん中学生!
低年齢の選手が大人顔負けで活躍できるのは女子ならではかもしれませんが、
彼女たちはほんとうーーーにすごいよ!
成長期なので体壊さないようにがんばって欲しいです。

女子プロレスのファン、とまではいかなかった私ですが、
今までの歴史の中でも、レベルの高い良い試合が見れるという意味で
注目していきたいです。
posted by ゆかわ at 10:39| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

初ルドン

夢のルドン 傑作10選!! 魂への祈り
http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2011/0529/index.html

さっき日曜美術館で放映していて途中から見たんだけど
アンコールだったので夜の放送がないみたいがーん。
水木先生の出番を見損なってしまった。
初めて見たルドン。

めんたまがぎょろっとしている妖怪みたいな絵とか首だけとか、
まっくろどろどろファンタジーな絵を描いていたルドンさん。
おそらく目玉親父にヒントを与えたろうと思われます。
絵ってほんとうに何描いても良いんだなあ(・∀・)

その「目」について語られているようですが、
視線恐怖のひとだったんじゃないかにゃ。
それは眼球という名の妖怪であって、
最愛の妻や息子にそれをくっつけては決して描かない。
あと細かい毛みたいな線を描いてるのが楽しいらしい。
子供が生まれてからは世界が変わったみたいで
急にカラー作品を描き出します。
パステル画っていうと、境界のはっきりしない淡い感じのイメージがありましたが
ルドンさんのパステルはくっきりはっきり、目の覚めるようなきれいな、
まさに、この世のものでない色をうきうきと描き出していますにゃ。
どろどろな人ほどカラーをやると明るい気がするね。
ゴヤさんとか(・∀・)

2007年に文化村で展覧会があった。惜しい気づかなかった
http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/07_redon/index.html

岐阜美術館にコレクションがあるようです。
http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s27213/collection_5.html
常設してるのかしらないけど
機会があれば。
岐阜か・・・どこにあるの(;ω;)
posted by ゆかわ at 10:19| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

がんばるって何を?

自由すぎる報道座談会6 〜報道災害【原発編】事実を伝えないメディアの大罪 発売記念〜

ゆうべニコ生で。
ソコトコで上杉さんが予告してたので、タイムシフト予約しておきました。
生では所々見る感じで、あとでちゃんと見ようかと。
相変わらず自由すぎる(・∀・)
来月もあるそうです。

報道されなかった事実などを語っていましたのでその一部と雑感を。
ネガティブな話題かもしれないので一応たたみます。



続きを読む,,,
posted by ゆかわ at 06:43| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

127時間

http://127movie.jp/
公式サイト。
お洒落だけどちょっとわかりにくい。
原作は実話。

久々にロードショーへ足を運びました。
おすぎさんがソコトコで紹介していて、その時に聞いて覚えてること以外何もわからない状態で行ってみました。
私の持った情報は、あらすじとオチ(^_^:)

以下あらすじ。オチは書きませんので。

大峡谷を散策していたアーロンは、狭い谷間で落石事故にあい腕を挟まれ、身動きがとれなくなってしまう。
あたりには誰もいないし、たいした準備もない。
それからの彼の127時間を描く、
シンプルにもほどがあるストーリー。

続きを読む,,,
posted by ゆかわ at 05:50| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

勝利への脱出

gyaoで6/30まで。
http://gyao.yahoo.co.jp/p/00597/v10084/

ドイツ軍収容所に囚われ中の連合軍捕虜の皆さんがサッカーをしていると、
元ドイツ代表だった少佐(マックス・フォン・シドー)が話の流れで
我々とサッカーの試合をしないかと、元イングランド(多分)代表だったコルビー(マイケル・ケイン)にもちかける。
単なる思いつきだったがそれが大きくなってしまい、
ドイツの宣伝のため「オールドイツVSオール連合軍捕虜」の試合がパリで開催されることになってしまう。

スタローン演じるハッチはチームに入りたがるがアメフト出身でサッカーのセンスがない。
コルビーに邪険にされ「チームなんかいらねえ!俺とにかく脱走するもん!」ということで、単身脱走。
成功しフランスの味方と落ち合うが、チーム全員を試合中に脱出させるから、戻って知らせろと言われてしまい(笑)、逆戻り。
試合当日、選手控え室まで地下の下水道から穴を掘り、ハーフタイム中に脱出する段取りがついていた。

色々あってハッチもメンバーに加わり、試合は白熱、勝てるかもしれない?!
そして脱出計画は?

続きを読む,,,
posted by ゆかわ at 15:24| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

観た映画@gyao

戦場のピアニスト
ポランスキー。
実話が元になってるんですね。
当時のチラシやポスターに使われていた廃墟を参考にまんが描いた記憶が。
冒頭の、爆撃の中いつまでもピアノ引いてるシーンがコントのツッコミ待ちみたいで好きです。
戦渦を避け、生き抜いたポーランドのユダヤ人ピアニスト。
彼が何の取り柄もない普通の人だったら、みんな助けてくれただろうか。
芸術は偉大であります。
★表現に容赦がありませんので、時節柄元気のない人にはお勧めしません。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地発狂
ツイ・ハーク監督とジェット・リーことリー・リンチェイのコンビで有名なタイトルだそうですが、
本作は無関係。
本流の方は見たこと無し。
のほほんとした雰囲気で始まりますが、どんどんシリアスな展開に。
中国が清朝から近代化へと向かっていく時代の話のようで、日本で言うと幕末みたいな感じかも。
中国の人パワフル。
豚のお肉・・・
こんな演出日本人には絶対思いつきませんわ。
★グロシーンがあるので苦手な人は注意してください。
アクションシーンはかっこいいです。
ときたまワイヤーもあり。
続きを読む,,,
posted by ゆかわ at 15:46| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

追悼、出崎統

ええっさきまくらが!?
って思った人はマニア。

伊集院光のラジオの中で訃報に触れていました。
リスナーのお便りから。
びっくりしました。
肺癌で67歳、ってまだ若いじゃないですか・・・
才能のある人は癌とかにかからないよう気をつけて欲しいです。もうほんと。

記事

こないだからgyaoで「あしたのジョー」全話配信中で、
リンクをメモしようと思っていたところでした。
急遽追悼メモとさせていただきますもうやだ〜(悲しい顔)

第一話、出崎演出をとくとご覧下さい。
段平との出会いのシーンとか惚れぼれする。
「目の芝居」にも注目です。
絵の力も凄いです。

http://gyao.yahoo.co.jp/p/00867/v00111/

水曜更新のため1〜5話までの配信は明日までです。
お早めに。


続きを読む,,,
posted by ゆかわ at 06:00| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

地球の静止する日

先日、通りすがりにdvdとビデオのワゴンセールがあったので物色、その中に旧作の「地球の静止する日」があり、観たかったのでゲット。
(追記:「の」が旧、「が」が新。「よりの」とか「からの」とか紛らわしいですな)
ちょっと前にキアヌ・リーブス主演のリメイクがあったので、それがらみで作られたであろうレンタル専用品。
非常に安っぽいパッケージでしたが500円だし観れればいいので。
観るだけならレンタルでいいじゃない?と思われますでしょうが、
多分、最後にレンタルしたのは20年ぐらい前です。
借りると返さねばならない義務が発生し、さらに返すために観なければならない、というプレッシャーが発生するのでいやなのです。
買ってしまえば返すという義務が一個減りますので。
同意は求めません犬

というわけで、1951年の作品。昭和でいうと26年。
名作でした。
脚本、映像の良さ、役者の魅力なども十分で、古い作品ですが決して退屈はしません。
そして上品な作品だと思いました。
監督のロバート・ワイズと、本作のファンであるというニコラス・メイヤー監督(ザ・デイ・アフター等)の対談もおもしろかったです。
メイヤー氏が「50年代はフォーマルな時代」と何度か言っており、登場する人々、家庭もなんだか品があります。
それだけでなく、シナリオが上品なんだと思います。
当時としては最先端の特撮技術もふんだんに使ってあり、解説によるとアニメーションの合成だけでなく、人々や街の映像など多くの箇所で合成処理がなされており、当時の技術レベルの高さに感心させられます。
また、映画音楽でテルミンが使用された初めての作品ということです。

が。
果たしてこの作品を、リメイクするとどうなるのか?
ストーリーは至ってシンプル、これを現代の感覚で「超大作」にするには難しいかもしれません。
SFとしてどうのというよりは、街に息づく人々と、そこへやってきた異邦人(宇宙人)とのコミュニケーション、平和へのメッセージ・・・というところがメインで、「サウンド・オブ・ミュージック」を撮った監督と言われればなるほどな、という感じでした。
この作品の良さ、すばらしさを、果たしてリメイクで表現できるのだろうか?
また冷戦時代の核の恐怖という設定が文字通り核となっており、そこをどうするのか?
など、ストーリーと設定で引っ張るのは結構無理があります。
というか、このスマートさ、上品さは再現しようがないんじゃなかろうかと想像しますが果たして?
リメイクもいっぱい売ってたので買ってみれば良かったかも(・∀・)


続きを読む,,,
posted by ゆかわ at 11:13| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

あしたのためにしょのいち

TBSラジオ「エンタマン」聞いてたら実写版ヤマトの情報の他に
実写版あしたのジョー情報が。
エンタマンによると丹下段平役の香川照之のメイクが漫画そっくりすぎて香川照之じゃない!
とのことなので見に行ってみました。
ほんまやー(・∀・)音注意(うただ)
口に詰め物しすぎな発音になっとる。
香川さんは熱心なボクシングファンらしいですwiki
一見の価値ありな気がするじゃないか。
ジョーが山下智久くんで力石が伊勢谷友介さん。
二人ともちょっと外連味が足らない気もしますが伊勢谷さんにはなにげに期待。
SUKIYAKI WESTERN ジャンゴで源氏の大将を演じた伊勢谷さん、めっちゃかっこよかったっす
おすすめ!

まだ買ってないのに中古になってしまっている・・・(;ω;)
出た頃は金がなかったのじゃ・・
(カード無いから買えない)
なにげに香川さんも出てます。
ちなみに三池監督はこのあとクローズZERO(2のほう)をやっとります。
小栗旬くんも友情出演。
いい意味で馬鹿がつく映画(誉)
馬鹿かっこいいし馬鹿おもしろい。タカさんも最高。
素人はミルナ(・∀・)やけどするじょ


全編英語だしタラちゃんも出てるからか海外の人がアップしてますね
向こうでは受けたのかなあ
great scene!that's right!


続きを読む,,,
posted by ゆかわ at 04:46| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

「奥様は欲求不満」

gyaoでアイズワイドシャットやってたんで観ました。
邦題つけるとしたらこんなんかな〜とわーい(嬉しい顔)
無駄にイケメンな旦那(医師)と無駄にセクシーな妻(専業主婦)が根が真面目なだけにいろいろと悶々とするがまあお互い色事もがんばっていきっましょいとかまとまる話(また身も蓋も)。
結局なんにもしてないし。
公開時は「これ遺作でいいの?」とかいろいろ言われていた記憶がありますがそこは腐ってもキューブリック、みせられてしまいました。映像はさすが。
別の監督が同じシナリオで撮れば軽い日常コメディぐらいになったかもしれないが、仰々しい場面はやたら仰々しくて美しく、やっぱり素敵でした。

gyaoは久々にアクセスしましたが無料コンテンツを見るなら登録とかいらなくなったみたい?
いろいろするにはヤフーのアカウントが必要みたいです。
xpでは重くて呆れましたが7ではだいたい大丈夫ぽい。

以下個人的に観たいやつもしくはおすすめ。
キャスリーン・ターナーが悪女を演じる
白いドレスの女
「13日の金曜日」なつかしー
さらにキューブリック
2001年宇宙の旅
あと「2010年」も。
マシュー・マコノヒーが出てるやつも後で観たいです(マーシャルの奇跡)
公開がいつまでか書いてないんですがいつまでだろう。

ついでの流れで観てしまった「ゴシカ」がよかったです。
精神異常の女囚刑務所に勤務する女性が、夫殺しの罪で服役させられるが
しかし彼女にはやった記憶がない!
果たして真相は・・・
暗いし重たげですがおもしろかったです。
怖いものが嫌いな人は見ない方がいいです。
最近のテレビドラマの長いやつみたいな感じもしないでもない。
人気さえ出れば続きそうな感じの作りっぽいです。
つい見ちゃった人は是非最後まで。
以下ネタバレになるかもしれないのでご注意。




あっさり犯人を撃ってしまうのはやっぱり銃社会だなあと思いました。
あの状況ならなんとか引っ捕らえて事情聴取が筋では。
無理なら正当防衛で仕方ない的な。
posted by ゆかわ at 23:05| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。