【重要】「蛇酢と木綿と」へお越しの皆様へ。 連絡方法について。ご一読ください。


2012年09月05日

ミスト


久々に午後ロード。
http://www.tv-tokyo.co.jp/telecine/oa_afr_load/
めっきり感想書かなくなりましたがぼちぼち見てはおります。
あっ殺しのドレス見たかったけど忘れた(´・ω・`)

ミスト。
この映画は以前録画してずーっとほったらかしにしており、
今回放送があったから途中からでしたが見てみました。
よくあるお化け映画?と思ってぼんやり見てたら違いました。
テレビの映画を見るおもしろさは、前情報も何もなく何となく見てたら結構アレだったとかそういう目に遭えるところです。

恐ろしいのは怪物より人の心、最も忌むべき罪は諦めること・・・てことかな(´・ω・`)
以下ネタバレ気味かもなので。
続きを読む,,,
posted by ゆかわ at 07:35| Comment(0) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

ロッキーシリーズ一挙放送

午後ロードにて
http://www.tv-tokyo.co.jp/telecine/oa_afr_load/

卵をがぶ飲みするのって1だっけ。
そのシーンはなかった。
改めて観るとなんてことない内容なんだけど、登場人物がみんな愛らしい。
ミックが帰ると勘違いしてトイレから出るがいるからまたトレに戻るシーンとか、ああいうの。
ストリートで歌っているメンバーに弟のフランク・スタローンがいると思ったけどどれだかわかんなかった。
メインボーカルは本人。
好きな曲。
ガンツォさん役のジョー・スピネルといえば「マニアック」。なつかしす。
上野の映画館で1,2,3を放映するってんで
お弁当もって観に行った。
当時はどの映画館も入れ替え制じゃなかったから、
行くときはピクニックかのごとく一日がかり。
高いし何回も見ないともったいないと思っていたから。
しかしそれがめんどくさくなり徐々に行かなくなってしまうんだけど、
少ないお小遣いで月に何本も良く見たもんだ。
前売り買いに電車賃使って遠くまで行ったり・・・
スタローンの映画もたくさん観た。
そういえば一時期ファンだった。
映画は思い出と共に。


夏の放送はぼちぼち観たり観なかったり。
リトル・ミス・サンシャインを録画してみた。
タイトルだけならスルーしたが単独のCMを見て、気になった。
CMは大事。
以前のような面白いのが無くなりましたね。
やる人の部署がかわっちゃったのかな。

9月はブレードランナーも。
テレビで見たのは寺田農がハウアーの吹き替えやってる版。
TBSだったかな。
posted by ゆかわ at 09:07| Comment(0) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

ビデオが終了?

火曜日の午後ロードで私の大好きなクリスティーナ・リッチちゃんの出る「スリーピー・ホロウ」を録画してたので
さあ見ようと思ったら画面が真っ暗。
ぽかーん犬
音声は入ってます。
後でもう一度確かめてはみますが、古いのでついに終了しちゃったかも・・・
パソコンでテレビ見れるようにしようと思ってたとこなのでいいんだけど、
スリーピー・ホロウが見れない・・・もうやだ〜(悲しい顔)
再生して映像的にじっくり見ようと思ったのに・・・。
もっと奇想天外なイメージを持っていたのですが、展開などふつうっぽかったので拍子抜けしました。
一応ちらちらと画面は見てはいたので、騎士のキャスティングは確認済みわーい(嬉しい顔)
うむあの人じゃ不死身でも仕方ない。
今日やってた「フロム・ヘル」の方がひどくて良かった。誉めてます黒ハート
こっちは夜中にやってたのを一度見た記憶があったからうろ見でしたがちゃんと見れば良かった。
あと、りっちちゃんには大人の声優さんの方が良いと思います。地声低いし。




今週はジョニーデップ特集、
来週は「闘う漢(おとこ)のア・ツ・イ映画!!!」
シルミド/SILMIDOが見たいですがこのままでは録画できん・・・





続きを読む,,,
posted by ゆかわ at 04:40| Comment(0) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

見た番組

前置き。
だいたい見る番組はMXかテレ東です。
長くなったのでたたみましたん。

続きを読む,,,
posted by ゆかわ at 11:09| Comment(2) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

チャーリー最高

午後のロードショー

粒揃い!!チャーリー・シーン特集
5月24日(月)〜(金)

たまたま全部見れました!わーい(嬉しい顔)
uresiーーーわーい(嬉しい顔)
そうかこのための休みか(一人で納得)
ほんとに粒ぞろいで満足満足いい気分(温泉)

ホット・ショット
HOT SHOTS!
ホット・ショット2
HOT SHOTS! PART DEUX
メジャーリーグ2
MAJOR LEAGUE II
フリーマネー
FREE MONEY

さりげに前の週に「プレッシャー/壊れた男」UNDER PRESSUREとかも。
観れなかったけど泣かせるねえもうやだ〜(悲しい顔)


「ホット・ショット」は当時ヒットした映画のパロディ作品。
2のみ名画座で見ています。
2はベースになっているのが「ランボー」で、好きなもんでパロが全部わかって劇場でも大爆笑でした。
本物のトラウトマン大佐が出てるし、船のシーンではチャーリーパパも出てくるし、上司の不死身度は半端ないし、あの人世界最強の人類ではないだろうか。
当時はわかりませんでしたがミスター・ビーンのローワン・アトキンソンも出てます。
ネタ的に「ランボー3」以降の公開だと思いますが、3は前売り無駄にしてしまい、割りと最近になって午後ロ−ドで見たらなんかアレでした。
4は評判いいけどテレビで流せるだろうか。
ホット・ショット1は初めて観ましたが2の方が色々パワーアップしていて面白い気がします。
1の基本設定は「トップガン」とか「ダンスウィズウルブス」。
関係ないけど兄もパロディ映画出てますね。
「ローデッド・ウェポン」シリーズ。
LOADED WEAPON 1
DVD出てないのか・・・

オオトリの「フリーマネー」が非常に面白いコメディ作品でした。
知らずに見ていたんだけど、大男の刑務所長が実はマーロン・ブランド、そしてラストにチャーリーパパがちらっと出てきます。
うんもう!憎いよこの!ど根性ガエル!
どう考えてもわざとやってますよねかわいい

以下あらすじ。
ある田舎町、刑務所長の双子の娘は同時に結婚式を挙げた。
亭主となったチャーリーともう一人。
所長は囚人を平気で射殺するような人物で、CIAからある女性が調査にやってくる。
その女性の父はドナルド・サザーランドです。ざざーん。
所長とは微妙な関係にあるらしい。

ちなみに6/30に社会派サスペンスウィークとかで
「ヒューマン・トラフィック 人身売買捜査官(前編)」
HUMAN TRAFFICKING
があります。
※地上波初(関東地区)とかなってるけどこないだのと違うの?

チャーリーは恐ろしい所長の監視下、おままごとのような結婚生活に嫌気が差し、亭主その2に列車強盗の計画を持ちかける・・・

所長の名はスベン・ソーンソンと字幕が出ていましたがスベンはスウェーデンの名前。
ってすぐわかったのはどうしてかというと、小さなバイキングビッケに意地悪スベンてキャラが出てたから。

DVDの吹き替えは山寺宏一さんのようです。
 
メジャーリーグはやはり1からが良いかと。
2は石橋貴明がいろんな意味で力の入った演技を見せています。



あぽかりぷすなうも一緒に観よう(笑)
なんかいろんなバージョンがあるな
 
posted by ゆかわ at 16:55| Comment(0) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

午後ロード

http://www.tv-tokyo.co.jp/telecine/oa_afr_load/

春。卒業、そして旅立ち特集
3月29日(月)〜 4月1日(木)

アメリカン・グラフィティ
グース
ベイブ/都会へ行く
愛と青春の旅だち

以上は先週のラインナップ。
来週はチャーリー・シーンの「メジャーリーグ」とかスタローンVSハウアーの「ナイトホークス」があるでよ。

続きを読む,,,
posted by ゆかわ at 16:08| Comment(0) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

ルームメイト

午後のロードショー

「ビター・バレンタイン―女性のドラマ」と銘打った特集。
とかいいつつビターとか付けただけで
実はバレンタインとか関係ないでしょ!
「ソフィーの選択」とか入ってるし!
もう!
大好き午後ロード。
ソフィーの選択観るから黒ハート

で、
今日は別に観るつもりではなかったもののブリジット・フォンダがかわいかったのと画も綺麗なのでちょっと気になりつつ、
用事があるので一旦外出、
帰ってきたらえらい展開になっておりました。
冒頭は失恋からの女の友情物のような雰囲気、でもジェニファーちゃん、ちょっとアレっぽいなという気配はありました。
ジェニファー・ジェイソン・リーがやばい子でありつつ
普通の女の子っぽさ、かよわさも持っている微妙な演技をしていて、
ラストはブリジットが過激な正当防衛に出るんだけど
なんかジェニファーの方がかわいそうなかんじに。
あのやり方が用意されていたところから察すると、シナリオではジェニファーは「普通に異常な」子だったんだろうに、ジェニファーが当てられたことでシナリオを越えた存在感になったんではないかしら、ちう想像ができました。
まとめて観てみたいです。


先週はイーストウッド特集、
トリの「ザ・シークレット・サービス」は作業しながらのチラ見では
もったいなくなり30分ほどのところから録画。
しっぱなしでまだ観てません。
監督はウォルフガング・ペーターゼン。
聞いたことあるけど多分ドイツの人?あれエクソシストって?
あれはフリードキンか・・げほげほ・・・。
調べると「Uボート」の監督してた人でした。あれはいいです。


ついででアレですがエクソシストのテレビ化だそうです。
日本でやるのかなー
http://eiga.com/buzz/20091118/9/

posted by ゆかわ at 17:17| Comment(0) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

久々てれび

午後ロード内でインターFMのCMしてました。
テレビでラジオのCMは珍しいですが、
FMのCM見たの初めてかも。

その後のニュースでやってた「医学と芸術展」
結構面白そうですよ。
のっぽんぎヒルズにて。
http://www.mori.art.museum/contents/medicine/index.html
posted by ゆかわ at 16:12| Comment(0) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

9月の午後ロ−ド

午後のロードショー

見たい作品メモ

●9月7日(月)
ノンフィクション・インパクト
裸足の1500マイル
RABBIT-PROOF FENCE

●9月10日(木)
※放送枠5分短縮 午後1:30〜3:25

9・11特別企画
エアポート ユナイテッド93
FLIGHT 93


初旬はカンフー特集、ノンフィクション・インパクトは全部見てみたいです。
「裸足の1500マイル」は何故かちらしをずっと持ってたので本編が気になる。
姉妹がお母さんを訪ねてひたすら歩くといった内容かと思われます。http://www.gaga.co.jp/cinema/hadashi/
石原裕次郎特集なんかもあります。
posted by ゆかわ at 01:29| Comment(0) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

ガタカ

午後のロードショー

97年の作品。
当時それを観た伊集院がラジオで良かったと言ってた作品。
観るのにこんなに時間が経ってしまいました。
いっぺん深夜にやってたと思うんだけど観れなかったので
ありがとう午後ロード。

人間の価値は遺伝子で決まるんじゃねーんだ!
とか熱いかんじのB級SFアクションぽいものをイメージしてたんですけども、逆でした。
なんだよもうせつねえのもうやだ〜(悲しい顔)
泣きポイントがいくつかあるよもうやだ〜(悲しい顔)


幼い頃から遺伝子差別を受け、下層階級者のレッテルを貼られる主人公のビンセント(イーサン・ホーク)。
地球に居場所はないから宇宙に行きたい、と宇宙のお仕事をしているガタカ社に憧れるが下層階級者がおいそれと入れるはずもない。
そこで彼は、最高の遺伝子を持つ別人のフリをすることになったのだ。

世界観としては今までの、一般的な近未来イメージのアナクロさ。
古き良きみたいなSF感でなかなか良いです。
会社の外はセットじゃなさそうだから、本当にああいう場所あるんだろうね。どこなんだろう目
ゆるく遺伝子差別はある社会なのだが、市民登録がそれでされているようなこともなく、厳密でもない感じ。
(ちょっと訂正、登録はあるけど個人情報が事細かに入ってるようでもない。本人確認ができるだけ、みたいな。)

イーサン・ホークは努力する小市民なイメージをうまく出していてなかなか良かったです。
スーツで土星に行けるのは良いよなあ。

子を産む際に遺伝子デザインまでは流石に無理だけど、
以前見た特集で、男性の遺伝子だけもらってシングルマザーになりたい女性のための商売が海外ではすでにあるようです。
女性は希望のタイプを伝えて、それに近いルックス、または学歴、経歴の人を選ぶことができるというもの。
自分の方のが全部遺伝しちゃうと高い金払っても台無しだねモバQ



位置情報以下ねたバレなので気をつけてください。



続きを読む,,,
posted by ゆかわ at 16:14| Comment(0) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

記憶の中のターミネーター

水曜シアター9
木曜からお引っ越し。

今度4が公開になるらしい
「ターミネーター」

劇場で2〜3回見たし、テレビでも見てるのに
冒頭の部分を見ると、結構覚えてないもので、
そのまま見てしまいました。
大好きでした。
1が。
2以降はもう別物。
だってー。
ねえ。

25年前にもなるのか・・・

うーん、普通におもしろい。
カイル・リースが未来やターミネーターについて一気に語ってるところはまあ仕方ないけど、それ以外の部分では会話も自然だし、
ちゃんとドラマっぽくなってるところが偉い。
サラ・コナーは決して美人さんではないタイプだと思うけど
チャーミングだし、ヒーローの母!っていう力強さがあっていい。
尊敬するヒーローの母に惚れるリースの気持ちもわかる。

ダガシカシ!

当時の私は全力でターミネーターを応援していた!
がんばれターミネーター!諦めるなターミネーター!
でもサラ・コナーが生きてないと続編作れないもんね。
ターミネーターはつらいよ。
ていうかあんな続編なんかちっ(怒った顔)
と、2公開時は激しく思いました。
今となってはまあどうでもいいです。
T−1000かわいいしモバQ

ところでリースはしばらくホームレスのおっさんのズボンはいてるんだけど・・・
ノーパンだよね・・・
なんか心配になる(・∀・)

ランス・ヘンリクセンが出てることに初めて気がついた!
びっくりした!

HK(ハンターキラー)が全身出るシーンがない!
劇場で観たときあまりにもショボかったのでむしろ好きなシ−ンだったのに。
カイルがケガをしたシーンの回想で、「あの」未来のショボいセットがかいま見れました。
そうそう、あの時の未来のシーンは全部こういう感じだった。
あそこにいるのにラブリーHKちゃんが。
ええーこんなショボいメカに人類はぜつめつさせられるの・・・
という大変絶望した気持ちにさせられましたがく〜(落胆した顔)
そういう狙いだったに違いないのに!いい気分(温泉)
DVD化にあたってちょっと直されてるのかもしれない。
ビームの光の加減なんかも強くなっているし。
家にムック本があるから、そこには確か当時のカットが載っていると思う。

特撮は微妙だったけど特殊メイクやターミネータの造形、
出てくる銃器が凄い、という印象だった。

未来世界でターミネーターが襲ってくるシーンがあったかどうか覚えていない。
ビーム撃ったりするシーンはちょっと後からっぽいので、なかったかも知れない。
新型は過去に送られているシュワちゃんだけで、
現地の未来にはなかったんじゃ、と思ってたんだけど・・・

あれ、おいらビデオ持ってなかったっけかな。
持ってたとしてもベータか・・・だみだ。

手直しがあるとしたら
公開時より作品として改善されているということなんだろうけど、
公開版が見れないのは少々残念でもあります。
気になる映画は劇場で観ておくといいね。
DVD化の際に再編集される場合もあるから、
劇場版は記憶の中にしか残らないものなのかもしれない犬

わーんグラン・トリノどうしよう。



サントラのLPも買って、カセットで良く聞いてました。
ディスコで流れるボーカル曲もメロディ覚えてる。
流石に歌えはしませんけど。
posted by ゆかわ at 23:07| Comment(0) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

経済ドキュメンタリードラマ「ルビコンの決断」

http://www.tv-tokyo.co.jp/rubicon/
老舗メーカーを立て直せ!3代目がむしゃら娘の挑戦

CMでちょっと気になったので見てみましたが面白かった。
劇中に主役級の人が何か決断する場面が入るのが縛りみたいです。
ドラマがメインで合間に解説が入る構成、
経済の勉強にもなります。

ホッピーの3代目社長見習いを島崎和歌子が熱演。
現副社長のご本人も幕間にご出演。
気の強い女子に及び腰の大浜平太郎さん(笑)
副社長さんは大浜さんが引くぐらい(笑)ちゃきちゃきした元気な女性で、色々と失敗しながらも社員さんに育ててもらう、育っていく、といったような足取りのようでした。
たとえ自信家で強引な人であっても、間違ったとき素直に「ごめんなさい」って言える人ならついて行く気になるなー、と思いました。
そこはかなり大きいね犬
しかしホッピーの売り上げV字回復は凄い。
来週も見たいと思います。
posted by ゆかわ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

センチメンタル・アドベンチャー

午後のロードショー
グラン・トリノ公開記念イーストウッド特集

うわーんいい映画でしたよもうやだ〜(悲しい顔)
フィルムもきれいだったので出ているイーストウッドが若くなければ古い映画とわからなかったかも。
子役のカイル・イーストウッドは実の息子でジャズベーシストだそうです。
うわ似てるー
髪型ーかわいい
新譜のメトロポリタン
夜更けに聞きたい感じでいいなあこれ。
父イーストウッドも劇中でギターと歌を披露、吹き替えでなく本人のものだと思うけれど、味があって凄くいいんですわ。

調べてみるとこの作品は当時ロードショー公開が無かったんだとか。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=12992
82年の作品なのでガンマンとかハリーとかのイメージでバリバリだったろうから、余計に地味に見えたのかもね。
スタローンのコメディはあかん、みたいなそういう感じだったのかもしれないな。
近年はばきぼき賞を取っているイーストウッド監督作品としては何の遜色もない、素晴らしい一本です。
ところどころに流れる歌もいい具合で、音楽映画としても楽しめるんじゃないかと思います。


飲んだくれのミュージシャン、レッドおじさんは甥っ子のウィットを運転手に車でカリフォルニアからナッシュビルを目指す。
そこでオーディションを受けるためだ。
おじさんには持病があり、甥っ子の母が心配して同行させたのだった。
色々あって会場にたどり着き、舞台に立つおじさんだが・・・
泣けますたもうやだ〜(悲しい顔)
この邦題は「センチメンタル・ジャーニー」にひっかけたのかな(^_^;)
(松本伊代のほうじゃないよ)
追記:自分の印象の強いセンチメンタルジャーニーはジーン・ティアニーのバージョンでした。
たぶんなんかのCMで使われていたんでは。

原題は「Honkytonk Man」


おまけに。

posted by ゆかわ at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

がーん・・

エリートヤンキー三郎の最終回を録画し損なってしまった・・・
とほほほほー最近の最大のお楽しみだったのにもうやだ〜(悲しい顔)
録画の時間を間違えてました。
ちょうど放送が始まる時間に起きたので、
テレビ付ければ良かったのに
てっきり録画されてるものと思いこみ・・・ふらふら

仕方なく録画されていた別番組を流してたら、
頭の10分ぐらい入ってた・・・いい気分(温泉)
出てくる人(キャラ)みんないいんだよー位置情報
DVDはいつかぜひ欲しい。


posted by ゆかわ at 19:02| Comment(0) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

ミスター・ベースボール

午後のロードショー

自分の中では言わずと知れたメジャー大作、だったんですけど
ちゃんと見たことがありませんでした。
今回珍しく字幕付き。
(前にどっかで見たときは吹き替え版だった)
だったので、聞きながら何かすることが出来ないのでほぼ見てしまったのですが、それで正解。
これは、「見る」べき映画でした。
スポーツのライブ感がうまく出ていて、野球好きな人や詳しい人が見た場合どうかはわからないけど、スポーツのシーンが非常によくできてると感じました。

決してテンポも悪くないんだけど、どうして自分が見なかったんだろうと考えると、野球にそんなに興味がないというのと、ちょっと展開が地味に思えたんじゃないかというのがあります。
地味というか、イイ意味でシブい。
音楽は意外にもジェリー・ゴールドスミスですが、場面を盛りあげるためというよりは場面転換のお知らせ的な感じとか、BGM的に使われています。
逆に盛り上がるようなシーンではあまり音楽使ってないです。
試合のラストシーンなんかもさらっと、ほんとにさらっとやってくれて、実際に野球中継を見ていてこう来ると思ったらええー!ってなるようなリアル感。
いやあこれは全くシブい。
話もよかったしいい作品でした。

80年代の作品だと思っていたけど92年公開。
意外にもDVD化していないようです。
権利関係とか何かあるのかな。
高倉健が中日ドラゴンズの監督役で出ています。
選手達は役者さんだと思いますがどうなんだろ。
亜仁丸・レスリーとか出てたみたいだけどわかんなかった・・
トム・セレックと彼女が車に乗っているシーンでカーラジオ(ステレオ?)から流れていたのはフェアチャイルドだったようだけど、何故?誰が選んだんだろう(^_^;)



posted by ゆかわ at 16:52| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

アリコのまもりたいに出ているおじいさん役の人

テレ東のランチタイムは奥様向けに保険のCMもたくさんやっておるのですが、宣伝内容には興味はないもののひとつ気になるものがありまして。
それはアリコの「まもりたい」です。
何パターンかあるみたいですが犬がワンワン!と吠えてから始まるのが
ロングバージョンかもしれない。
おじいさんが犬の散歩しながらカメラ目線で、「どうせこの年じゃ入れないんだろ?」などと言いながら歩いているというシンプルなものなのですが、この俳優さんがどなたなのかずっと気になってまして。
このたび改めて調べてみてやっと判明。
伊藤初雄さんという方でした。
http://www.pro-tanc.com/talent/m/a/itouhatsuo/01.html
この写真ではおじいさんぽく見えますが、CMではもっと目元がはっきりしてお若く見えます。
声のサンプルを聞くと確かにご本人です。

カメラとか朝方っぽい色合いなども良くて、映ってる俳優さんもちょっとイカスおじいさんで、なんとなく気に入り微妙に録画などしたくらいです。
夕方のニュース番組内でも見かけますので「ほおー」とか思って見てください。
ってお薦めしたところでなんなんですが(^_^;)
posted by ゆかわ at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

ルート9

午後のロードショー

1998年 アメリカ
(監督)デビッド・マッケイ
(出演)カイル・マクラクラン ピーター・コヨーテ

期待せずに見ているとこれが結構良くできてました。
調べるとテレビ作品だったそうですが、俳優陣が微妙に豪華。
簡単に言うと、お金で人々がおかしくなっていく様子を描いた作品。

オープニングはマフィアが殺し合いをしている現場。
そこへ田舎の警官二人組が駆けつけるが、銃撃はとうに終わり、死体が累々と転がる。
警官は車の中に現金があるのを発見。
金に困っている彼が、これをいただこうと相棒に持ちかける。
相棒のマクラクランは真面目な男なので、そんなことはいかんと断ろうとするのだが、この金の一部をチャリティーに寄付するから!と言われて結局協力してしまう。
しかし、全員死んだと思ったマフィアの一味が一人生きていた!
まずい、今の話聞かれているかも・・・・
でも死亡。
ホッとしていると、この件を追っている女性捜査官がやってきた。
実はさっき死んだ彼はマフィアではなく潜入捜査官で、カセットテープを隠し録りしていたのである!
自分たちのやりとりが録音されているのでは・・・

悪いことしてばれそうになる役者さん達の顔の微妙さがとても良かったです。
シナリオもよくまとまっており、皮肉なラストもいいかんじ。
実直な警官のはずのマクラクランもそもそも不倫しているし。
ピーター・コヨーテはマクラクランの不倫してる奥さんにDVをしている上司でちょっと悪い役です。
結局みんな悪いのね。
キャスティングもうまくはまって好印象。
なかなかの拾いものでした。
機会があったらぜひ見て下さい的作品。




posted by ゆかわ at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

てれとドラマ

ランチタイム。

Lドラ「サギ師リリ子」

CMでちょっと期待していましたが
期待は裏切られませんでしたわーい(嬉しい顔)
3話までは普通の主婦だったはずのリリ子が没落していく道のりが。
次回からはついに詐欺師デビュー?
しかし雛形あきこ、役にはまってます。
だいぶイイです。

CSI:NYが終わってエイリアス:シーズン4が始まります。
これも楽しみ。

時代劇アワーでは「江戸の鷹」やってるんですけど鷹がかわいいよおおうもうやだ〜(悲しい顔)


以下深夜帯。

ドラマ24「エリートヤンキー三郎」

例によって原作は読んでおりませんが、
再放送の一回目の終わりの方ををたまたま見てしまいました。
おおお おもしろい!(・∀・)
おもしろくて感動するのも久々なのでメモります。
見ときたいからこれ留守録しようっと。
同じスタッフなら映画版もかなり期待できよう。
監督の山口雄大さんは漫☆画太郎先生やクロマティ高校の映画化も手がけてるようです。
ていうかドラマの方はスタッフ紹介がないのはなんで。
深夜なのでポロリもあったよ(・∀・)マジデ
映画公式サイト「激情版エリートヤンキー三郎」

他メディア化ってこういうふうにイイ形で消化して貰える(という風に他者として感じられる)とほんと良いよね。
羨ましく思います。

posted by ゆかわ at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

新春時代劇

今年放送した中村雅俊の吉宗様「徳川風雲録」が夕方から再放送。
見れないじゃないかもうやだ〜(悲しい顔)
明日もあるようですがやっぱり見れないじゃないかもうやだ〜(悲しい顔)
けっこう良いのでオススメです。
ここでの松平健のキャラが今やってる時代劇に生かされてるっぽいです。
ぽいですというのは、まだ一回も見てないんです。
おもしろそうなんだけどなあ。
タイトルなんだろうと思ってテレ東サイトにいったら、
放映予定が来年から前期の「幻十郎必殺剣」の再放送になってる。
時代劇ファンの人がこれ見てから水戸黄門へ、という流れを期待して、
枠としてとっておきたいのかも。
しかし水戸黄門が好きな人は時代劇とかじゃなくて水戸黄門のファンのような気がするのじゃが。
私は今の黄門様興味ないです、御免。
月曜はほとんどラジオだし。
いろいろとすまぬでござる。

1月2日の新春時代劇は「寧々〜おんな太閤記
主演はなんと仲間ちゃんですよ。
よく連れてきたわーい(嬉しい顔)
見れるだけ見たいと思います。
お昼の2時から12時間だよ(ページでは10時間だった)!チェケラ★
posted by ゆかわ at 09:03| Comment(1) | TrackBack(0) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

パーフェクトワールド

もう書いてる暇が(略)アレなんですけど良かったので。

午後のロードショー

イーストウッド特集でこれだけ監督出演作。
主演はケビン・コスナー。

ハリウッドではバキバキのアクション映画俳優だったのに
監督するとこういうの撮るんですよね。おもしろいものです。
コスナーは脱獄した凶悪犯、イーストウッドはそれを追う警官。
犯人のコスナーは子供を人質にとって車移動、
田舎道を行くロードムービー。
人死にも出ますが描写は激しくはなく、田舎の風景もあって妙にまったりと落ち着いた空気感、それでいて決してだれず、興味深く次のシーンを追うことができます。
全体が一本の線で繋がっているような安定感。

年長である者が幼い者を間接的に、(時には直接)気遣う。
血の繋がらない同士の親子感、みたいなものをこの作品でも描いています。
親子は血の繋がりさえあれば分かり合えるのか?
NOである、と聞こえてきます。
「ミリオンダラーベイビー」でもそんなテーマを読み取ることができますが、彼がそこにこだわるのは何だろうか。
バックグラウンドなど知らないとわからんことではありますが、興味深いです。

この顔のくっきりした女性見たことあるな誰だっけと思ったらローラ・ダーンだった。
子供がもっと子供らしい感じだと良かった。
大人が考えた台詞を喋ってる感じだったのが微妙に惜しい。
あと、ラストのコスナーがもっと弱っててほんとに死にそうだとよかったな。

いい作品でした。
こういう微妙な感じのものが含まれる映画は好きです。


posted by ゆかわ at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。