【重要】「蛇酢と木綿と」へお越しの皆様へ。 連絡方法について。ご一読ください。


2012年08月31日

記事が行方知れず。

朝日新聞
原発の全電源喪失、米は30年前に想定 安全規制に活用
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103300512.html?ref=reca

ずいぶん前のNスぺで見ましたが、GEのマーク1型についての電源喪失からメルトダウンのシミュレーションは
アメリカの研究者がとっくの昔に作っており、研究者、技術者なら知ってる情報のはず。
番組の感想を記事にも書いたんだけど記事検索で出ない。
欠陥、マーク1などのキーワードで出ないなんて・・・

検索ついでに見つけたので貼っておきますね。
山岸凉先生の「パエトーン」
無料で読めます。
http://www.usio.co.jp/html/paetone/index.html
※現在は宇宙探査にも原子力が使われたり研究されたりしてますね。
http://art.aees.kyushu-u.ac.jp/research/index-j.html

ZAKZAK
事故原発は“欠陥品”? 設計担当ら35年ぶり仰天告白2011.03.18
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110318/dms1103181534014-n1.htm
欠陥については震災直後に記事が出てるんですね。
この辺の日付で探せば見つかるかな。
シーサーはまさか検閲なんて無いよね。

以下引用
>福島第1の原子炉は米ゼネラル・エレクトリック(GE)が開発した。そのGE元社員のデール・ブライデンボー氏はロイター通信の取材に対し、福島第1と同型の原子炉について35年前に安全面での不安を指摘していたと打ち明けたのだ。
 そのうえで同氏は「分析が終わるまで一部の原発は閉鎖されるべきだと思ったが、GE側は応じなかった。そのため、私はGEを辞めた」と、退社した経緯を説明した。

>米メディアの報道と設計者の証言をまとめると、もともと事故時の危険が高い米国発の原発が、津波や地震のリスクを十分に考慮せず建設、運転されてきたことになる。前出のブライデンボー氏は今回の事故について、「マーク1型格納容器が、他の原子炉ほど地震や津波の負担に耐えられないことから(事故が)生じた」と分析している。

引用終わり。

ふくいち1,2号機がGEのものですね。
福島第一原子力発電所wiki
番組では上記の内容と、別の研究者による電源喪失のレポートなど紹介。
ちなみに電源喪失のレポートを作った人は推進派で、
「原発はコストが高いかもだけど、50年60年と使えばプラスになりますよ」、とか話していました。
東電はそこだけ聞いてたんですかね(´・ω・`)
実際は老朽化するし事故の危険が上がるのに・・
あと、自分は原発の隣にも住めるって。
そのくらいの自信があるんですね。
でももろもろ杜撰すぎる日本の原発のそばには住んでくれないだろうな・・・




前置きだらけになりましたが。
今回の気になるポイント最後の一文
> 原子力安全研究協会の松浦祥次郎理事長(元原子力安全委員長)は「何もかもがダメになるといった状況は考えなくてもいいという暗黙の了解があった。隕石(いんせき)の直撃など、何でもかんでも対応できるかと言ったら、それは無理だ」と話す。

まずこれが大きな問題>「何もかもがダメになるといった状況は考えなくてもいいという暗黙の了解」
ですが、
>「隕石(いんせき)の直撃など、何でもかんでも対応できるかと言ったら、それは無理だ」
こういうのを聞くと偉い人ってアホなのかといつも思うんですけど
「全電源喪失したときの対応」を考えとけばおおかたカバーできんじゃないの?
何故しないんですか。
上の文に由来して堂々巡りというわけですが。

「暗黙」しないで問題提起をすれば排斥されてしまうので、ムラ人保身祭りになってしまうんでしょうね。
祭りの輪になじめる人だけがそこに入れて、無謀な推進論者、もしくはただ暗黙する者ばかりになっていくという悪循環がそこに見えます。

今回の事故では専門家総フリーズ、いろいろ考えてあちこちから電源車を持ってきたけど
ソケットの形が合わなくて使えないとかポカーン(゚Д゚)な事態が起きています。
新潟からの電源車がなんとか使えたらしいです。
詳しくは国会事故調の録画なり報告書なりをご覧下さい。
http://www.naiic.jp/
大熊、双葉町民のタウンミーティングや住民アンケートもしています。
大熊町の録画

結構凄い話も出てくるのでどうぞ最後まで。

報告書はネット上で読めますが、
図書館で使ったりしたいなど書籍化を望む声があり
9/10頃に発売されるようです。


とりあえず今やってる人は全員クビぐらいにしないとだめだと思いますけど。
原子力規制委員会人事含めて。
どうしてもやるなら一からやり直すぐらいの覚悟を見せてもらわないと納得できません。

「絶対安全」な原子炉なりなんなりができるまで研究は続ければよいと思います。
漏れたら大変!てなるうちは実用禁止でお願いします。
やがては原子力災害など無縁な世界ができて、いま偉い先生が集めている人体実験のようなデータなど無価値になるといいと思います犬
posted by ゆかわ at 07:46| Comment(0) | 通常メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。