【重要】「蛇酢と木綿と」へお越しの皆様へ。 連絡方法について。ご一読ください。


2012年07月04日

推進派はだあれ


「今時推進派などいない、容認派がいるだけ」という原発賛成の人がいますが、
推進派はいます。
それは原子力ムラの人たち。
とりあえずは電力会社。
書いてたら東電と東北電の記事リンク集みたいになってしまった。

東電はふくいちの5,6号機を動かそうとしていたらしい。
古い記事ですが
ニコニコニュース
福島第一原発5、6号機いつでも再稼働可能と東電協力会社幹部
 >東電協力会社幹部が、事もなげに言う。
「メンテナンスは終わっており、5、6号機はいつでも再稼働できる準備が整っています。津波対策にも乗り出しており、消波ブロックを現在、積み上げている。25tのものを4000個と聞いていますが、最終的には1万個ぐらいになるでしょう」

近くで働いている作業員さんのプレッシャーが高まるだけだと思うけど(´・ω・`)
付近で何かあれば使えない原発が増える事にもなりかねないし
現実的に再稼働はないでしょうが、このしらっとした態度がアレです。
そんなに動かしたいなら本店の幹部が先陣切って作業すればいいと思います。

福島民友
全基廃炉明言せず 東電社長、知事要望に抽象的回答
広瀬さんはいい人だろうと個人的には思うけどね。
あの人の記者会見などでの上から目線はひどかったね。
前社長の名前もう忘れたのであの人扱い。
例の如く「自分達で決められることではない」というのなら早く国と相談しろ。
原子力ムラから足抜けした、生まれ変わった東電を私は待っています。
(追記:記事中も広瀬となっていますが廣瀬が正しいです。失礼しました)

現代ビジネス
こんなときに「東電柏崎原発」再稼働計画かよ
見出しママ。
柏崎の再稼働はんたいヽ(゚Д゚)ノ

新潟日報
柏崎原発再稼働、慎重対応を 新潟市議会が意見書可決
地元もすでに東電を信用せず。

日刊工業新聞
2012・株主総会/電力9社、原発是非で紛糾
電力9社の株主総会での主な提案が書かれています。
ほとんど原発関連。

東北電力はいまだに浪江・小高原発の計画をキープ。
福島民報
浪江・小高原発計画 撤回提案を否決 東北電株主総会 県と県内10市町村は賛成
株主総会にて。
常識的に建てられるわけがないのだが、「まだまだやりますよ」的アピールは電力他社などに対しての虚勢でしょうか。
それとも白紙にすると儲からなくなる理由があるのかな?


上記の内容の記事を漁っていて見つけたY売の記事にびっくり。
平たく言えば書き方の問題なんだけど、とりあえず以下の記事を見て欲しいのですが、

読売オンライン
南相馬市など賠償提案に賛成 東電・東北電総会
 >27日開かれた東京電力と東北電力の株主総会で、両社の株を保有する一部の自治体が、他の株主が出した東京電力福島第一原発事故による損害賠償や、原発建設の白紙撤回などに関する提案に賛成した。いずれも否決されたが、自治体側は「当然の意思表明だ」としている。

 両社とも100株以上を有する株主に議決権がある。都内で行われた東京電力の総会では、市民団体「脱原発・東電株主運動」の株主らが、原発事故による損害賠償の支払いを固定資産の売却と経営合理化により自力で行うことを求める条項を定款に加える議案を提案。これに南相馬市(保有444株)と白河市(同161株)が賛成の意思を郵送で伝えた。理由について、南相馬市は「損害賠償するのは当然」、白河市は「東電の責任を明確にして賠償を徹底してほしい」としている。一方、8001株を保有する県は、「意思表明は株主総会という限られた場ではなく、議会など公の場が望ましい」として、例年と同じく議決権を行使しなかった。

◇浪江・小高原発白紙撤回に賛成

 仙台市内で行われた東北電力の総会では、同社が計画する浪江・小高原発について、市民団体「脱原発東北電力株主の会」の株主らが白紙撤回を提案。これに立地自治体となる南相馬市(同2655株)、浪江町(同1048株)などが賛成した。南相馬市は復興計画などで脱原発の方針を打ち出しており、浪江町も「事故で原発の安全神話が崩れた。全町民が避難を余儀なくされている現状で、新たに地元に原発を建設することは考えられない」(総務課)と説明する。

 また、県(同432万9908株)もこの株主提案には賛成した。県エネルギー課は「原則、議決権を行使しないスタンスに変わりないが、県として『原発に依存しない社会づくり』を掲げている以上、当然の選択だ」としている。

(2012年6月28日 読売新聞)

珍しく敢えて全文引用します。
じつに不思議な記事です。

まず記事の内容が東電と東北電の二件を扱っているのに、タイトルは東電のほうだけ、すでに紛らわしい。
そして「浪江・小高原発白紙撤回に賛成」、という小見出しがくせ者。
ざっと見て一瞬、株主総会で白紙撤回が決まったのかと勘違いしてしまった。
賛成したのは各自治体と福島県であって、東北電ではない。
上の方で「いずれも否決されたが」とまとめた感じで書いてあるが、肝心の後半記事の部分には書かれていない。
上のほうでまとめてしまったことで、否決されたことを記事の中心にしていない。
全体的に電力会社のことよりも、福島県や自治体の態度を書いた記事になっている。

わざと?
だとすれば相当な技巧ですね。
そして読みにくい。
てかなんだこれ?(゚Д゚)
この不思議な記事を誰が書いたのか知りたいわ。
これからも要注目かも知れないY売しんぶん(・∀・)!
posted by ゆかわ at 09:36| Comment(0) | 通常メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。