【重要】「蛇酢と木綿と」へお越しの皆様へ。 連絡方法について。ご一読ください。


2012年05月20日

鎮魂歌



原発民衆法廷:福島法廷5.20
http://ustre.am/GeFO

途中から見ようとしたら音声がぶつぶつで、
しかも自分の具合が悪く寝ながらだったので
後でアーカイブがあれば見ようかと思っています。

6時頃から音楽の時間になり、よくあるふれあいコンサート的なものだろうかと思ったのですが、
出てきたのはびじん外国人さん、手にしている楽器は
竪琴のようなギターのような
初めて目にする不思議な物でした。
その奏でる音と歌声の美しさに耳がかんどう。

楽器はバンドゥーラ、女性はカテリーナさん。
ウクライナから来て日本に住んでいるミュージシャン。
バンドゥーラは日本に3台しかないそうです。
http://twitter.com/#!/kateryna_music

彼女は「いつもコンサートでは話さないことを話します」と言って
ご自身のことを語りました。
彼女はチェルノブイリの近くで生まれ、
お父さんは事故後11〜2年原発で働き、亡くなった。
高線量の被曝をして体の3カ所に癌があった。
たくさんの女の人が子供が産めなくなって、
国は認めていなかったがあまりに数が多いので原発が原因と認めた。
原発から遠くへ行こうと思っていたのに、
この日本で2度も事故を体験してしまった。
2度目があれば3度目があるのではないかと心配している。
大切な人を亡くすことがどんなに悲しいか、と。


カッチーニのアベマリアの演奏と
うたに涙。

以下別の方のうたで。
この方も良いですね。


posted by ゆかわ at 20:39| Comment(0) | 通常メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。