【重要】「蛇酢と木綿と」へお越しの皆様へ。 連絡方法について。ご一読ください。


2012年05月03日

めも


昨日調子よかったせいか今日は一気にやる気ダウーン。
めもです。
意外と長くなったのでたたみます。



僕らは「高速ツアーバス事故」の3つの事故原因を理解しなければいけない 運転ミス・規制緩和・ガードレールの状況
ずっとラジオだったもんで写真初めて見てびっくりした。壁がバスにささっとるがく〜(落胆した顔)
ガードレールが仕事しなかった件。
確かに設置がまともなら中ぐらいの事故ですんだのかも・・・

武田邦彦 (中部大学)
被爆と健康:決定版!!・・・広島・長崎の被爆論文がでました
http://takedanet.com/2012/04/post_25e2.html
ついに出てしまったそうです。
音声解説が親切。

以下引用(「引用」という言葉がなかなかででこなかった・・もうだめぽ)
>なぜ、この論文が政府に都合が悪いかというと、
1)「これ以下なら安全」という「閾値(しきいち)」がないことを明確に示していること、
2) 低線量被爆でも「被曝量と病気の発生」には比例関係が認められること(直線近似が成立すること)
3) 福島の小学生が被爆した、20ミリシーベルトで子供がガンになる可能性は100人に2人程度と高率になること、
が明らかになったからです。
現時点で専門家でこの論文の結論と異なることをいうことはできないでしょう。科学者や医師は事実に忠実ですから。

さっきたまたま「放射能は怖いなんてウソ」というご意見読んできたもんで。
しかし逆に、学識者以外は相変わらず言いたい放題ではないかしら(´・ω・`)
まず自分が知っておけばその人が識者かどうかわかりますね。

私自身は無駄な放射線を浴びることは避けたいと思っていて、
本当はレントゲンも嫌だけど治療目的があるからそれは我慢せざるを得ない。
東電の巻き散らしてる無駄な奴を、安全だから受け入れろとか言われてもとうてい無理。
ただ、状況的にある程度は我慢せざるを得ないだけ(;ω;)
遠くに引っ越しもできないし、食べ物も多少は仕方ないと思ってるので。
上記はあくまでも精神のほうの問題で、
体はどうなのか、どこまで大丈夫なのか、死ぬまでの間
中性子弾ロシアンルーレットが続く。
酒もタバコもやらんというのに余計なリスクを付加され・・・くやしいわ。

希望の牧場〜ふくしま〜
警戒区域からのSOS「希望の牧場・ふくしま」写真展
○開催日:2012年5月11日(金)〜2012年5月14日(月)
○時間:11:00〜19:00予定 (最終日は15:00まで)
○会場:ART・IN・GALLERY(アート・イン・ギャラリー) 
○住所:東京都渋谷区神宮前4−25−3
○入場料:無料

行きます。



しごとしる。
うえ−い決定ー(長音記号1)かわいい
posted by ゆかわ at 14:17| Comment(0) | 通常メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。