【重要】「蛇酢と木綿と」へお越しの皆様へ。 連絡方法について。ご一読ください。


2012年04月04日

すごい風がやみました。

春の大嵐。
放射性物質がどっか人のいない場所にふっとんでいったかな・・・(´・ω・`)

浪江の吉沢さんと富岡の松村さんが握手をしている。
いい写真。
いい笑顔。

希望の牧場
最驚タッグ?!松村さん&吉沢さん

吉沢さんは浪江町の牧場を、
松村さんは富岡町で動物たちを守ってきた。
吉沢さんの牧場では「希望の牧場プロジェクト」がたちあがったが、
松村さんはまったくの孤軍奮闘、個人的ボランティアとして
町にひとりで残って動物たちの面倒を見てきた。

富岡町では、町が殺処分の一時停止を決めた。
ときぶーさんのブログなどを見ていた人から役場にたくさん抗議が来たそうだ。
希望の牧場さんが役場に問い合わせると、
本当は町長さんも動物を生かしたいが、
結局去年国がうち出した方向性がある限り、
従わなければならない、

・・・というのはやっぱりお役所だなあと思う。

ここでこそ牛歩!ではないか?
ともかく停止という富岡町の決断には深い感謝と敬意を。


私は部外者だし、見てただけの立場だけど、
また後から考えればと言うことでしかないのですけど、
役場の人は上からの命令に従おうとすることが正しいと思わずに、
当事者である町の人々ともっと話し合うべきだったんじゃなかろうか。

だって自分の町のことじゃない?
総理がわざわざここまで来て「処分はどうなってるの?」とか言いますかね?

「町は生かしたいと思っている」ということが町の人々や松村さんにに伝われば、
ときぶーさんもブログにそう書いたろうし、
そうすると抗議はその上の機関なりなんなりに行くので、
抗議の電話やFAXで業務の差し支えもなかったんじゃないでしょうか。
役場と町民がぶつかることはないと思うだよ。
国に振り回されては、損だよ。

みなしごさんのところも見ています。
犬猫みなしご救援隊 栃木拠点ブログ

大熊町から書類が来たそうです。
手打ちで全文掲載なさっています。
http://blog.livedoor.jp/inunekoblog/archives/4917872.html

↓ここがお目こぼしラインか?
>安楽死に
ご同意頂けない
場合は、
事業者一時帰宅にて
管理のほど
よろしく
お願いします。

しかし。。。

大熊町のブログ
大熊町内空間線量率測定結果 平均値(3月21・22日測定)
空間線量たいへんだわ(´・ω・`)
思い切り立地地域だもんね。
一時帰宅して面倒見れるような場所に牧場があるの?

>また、
家畜と車との
接触事故が
多発しております。
今後、
事故や
民家を荒らした
家畜が
特定された場合、
損害賠償等の
可能性も
考えられますので
ご考慮願います。

車がどかない牛を跳ねとばしているのでは、というのを
ふくちゃんの事故から想像する。
大人の母牛が即死しているので、相当なスピードだったと思われる。
牛が暗い中ふらふらしているとは考えにくいので、視界の悪い夜間ではなかったのでは?
そのせいで車が凹んだ傷ついたとか言われても、
それは仕方なくないですか?
そんなことになった地域を作業車が猛スピードで出入りしなければならない理由を作った
東電が全部弁償すればいいと思うけどね。

家畜は家のドアを開けられない。
一時帰宅した人は戸締まりして帰るはず。
開けたのは、誰だ?


大熊町役場さんも上ばかり見ないで周りの状況を見て欲しいなと思う。
全国の人が気にしていますから。



月末に少しおかね入るからしえん開始する∠(`・ω・´)
請求書がなかなか書けねえ・・・(;ω;)


posted by ゆかわ at 09:45| Comment(0) | 通常メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。