【重要】「蛇酢と木綿と」へお越しの皆様へ。 連絡方法について。ご一読ください。


2012年03月23日

知らない自分でいないために。

結構作文。
ひまな人向け。

ときぶーさんのブログを読んでいる。
http://blog.goo.ne.jp/tokigootokiboo

こちらのブログは希望の牧場ライブカメラ3号機のツイートで最近知りました。
富岡町の松村さんは、ひとり町に残って犬や猫の水や餌やり、家畜の面倒をみたりなさっている。

実際動いている方々にはほんとうに感謝がつきません。

そしてこういったことはなかなか知る機会がない。



昨日は久々に夕方のTBSニュースを見ました。
2時間もあるのにあまりたいしたニュースは出てこない。
震災のあった地域の高台の地価が上がり、津波被害の場所は下がった。
まあそうでしょう。
全部じっくり見れたわけではないが、多分原発の話題はなし。
震災、原発のコーナーを作って毎日やってもいいんじゃないでしょうか。
ニッポン全部の問題だし、今後何十年と続くことなので。

昨日はなぜTBSだったかというと、金八先生の再放送があったから。
おととい出先の電気売り場のテレビでやってて知った。
トイレ掃除の話で楽しかった。

この時間が「ニュースの森」だったころはむしろTBSしか見てなくて、
たまに日テレだった。

知りたいことを報じてくれないテレビは見る必要がない。
また、やってくれても見逃したらそれっきりなので、
やっぱりWEBで調べる方が良さそう。

もともとノンフィクションが好きなので、
テレビでも時々見ていたけど今はニコ生で足りてしまう。

どうぶつにもどる。
私は今まで牛にさほど興味がなかったので、今回ライブカメラで見ていて牛がこんなにめんこいと初めて知りました。
首が柔らかくって自分の脇腹をなめることができるのも初めて知った。
ときどき首が折れ曲がったような形の亡骸を見るが、あれは不自然なことではなかったんだ。

生きた動物であり同時に農家の財産である家畜の保護がこんなにおろそかになったのはなぜだろう。
まったく東電が全部賠償すべき。

先日マスコミがふくいち取材ツアーに行ったとき、道路沿いに放れ牛の囲いがあった。
東電からは囲ってあるとしか説明はなく、取材の7703もどういう物か知らなかったし、ユーザーでコメントした人の中にも詳しい人はいなかった。
実は行政が作った物で、囲ってあるだけで放置、中の牛は死んでいくばかりという状況だった。

犬猫みなしご救援隊 栃木拠点ブログ
http://blog.livedoor.jp/inunekoblog/

その状況をこちらのブログで詳しく知った。

知りたいことを教えてくれる、彼らは私にとって立派なメディアだ。

知らなければ、
「動物たちは行政が保護して生きているだろう」
そう思いこんで自分は寝床ですやすや。

こんな自分ではありたくない。
最低だ。
絶対嫌だ。

自分では何もできないけど、知れば行動する人の応援ができる。

知らない人の中には知りたくなくて耳をふさいでいる人と、
たまたま知る機会がない人がいるだろう。

マスメディアって何ですか。

たまたま見つけたり、知ったりということも多い。
だれかのツイートで、だれかのブログで、ということは少なくない。
教えてくれた皆さんありがとうございます。
これからもネットの海をうろうろしよう。



おわり。


posted by ゆかわ at 09:55| Comment(0) | 通常メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。