【重要】「蛇酢と木綿と」へお越しの皆様へ。 連絡方法について。ご一読ください。


2012年02月18日

いつからお母さんからママになったのだろう。

自分の子供の頃は「ママ」と呼ぶ派は少なく、それも小学校低学年頃までであって、それ以上になってもママとか言ってる奴は甘ったれなイメージでした。
じゃあなんつってたかというとおとーちゃんおかーちゃん、高学年になるとお父さんお母さん、でした。
下町だったからかもしれないね。

幼稚園は遠かったのでバス通、家は自営業で朝は忙しかったし集合所まで親の送り迎えはほとんどありませんでした。
でも、たまに送ってくれたり、バスが着いたときにお母さんが待ってくれていたら、
むちゃくちゃ嬉しかったよ。

お母さんがべったりしているのが当たり前だと、お母さんがいないときの寂しさや悲しさを味わうだけになるのかもな。
とこれを見ておもた。


質問:小学校ってママと一緒に行けないんだよね?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7303473.html?from=randq

CMは未見。
(質問者さんはパパさんのようです)
posted by ゆかわ at 09:58| Comment(0) | 通常メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。