【重要】「蛇酢と木綿と」へお越しの皆様へ。 連絡方法について。ご一読ください。


2011年08月28日

初ルドン

夢のルドン 傑作10選!! 魂への祈り
http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2011/0529/index.html

さっき日曜美術館で放映していて途中から見たんだけど
アンコールだったので夜の放送がないみたいがーん。
水木先生の出番を見損なってしまった。
初めて見たルドン。

めんたまがぎょろっとしている妖怪みたいな絵とか首だけとか、
まっくろどろどろファンタジーな絵を描いていたルドンさん。
おそらく目玉親父にヒントを与えたろうと思われます。
絵ってほんとうに何描いても良いんだなあ(・∀・)

その「目」について語られているようですが、
視線恐怖のひとだったんじゃないかにゃ。
それは眼球という名の妖怪であって、
最愛の妻や息子にそれをくっつけては決して描かない。
あと細かい毛みたいな線を描いてるのが楽しいらしい。
子供が生まれてからは世界が変わったみたいで
急にカラー作品を描き出します。
パステル画っていうと、境界のはっきりしない淡い感じのイメージがありましたが
ルドンさんのパステルはくっきりはっきり、目の覚めるようなきれいな、
まさに、この世のものでない色をうきうきと描き出していますにゃ。
どろどろな人ほどカラーをやると明るい気がするね。
ゴヤさんとか(・∀・)

2007年に文化村で展覧会があった。惜しい気づかなかった
http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/07_redon/index.html

岐阜美術館にコレクションがあるようです。
http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s27213/collection_5.html
常設してるのかしらないけど
機会があれば。
岐阜か・・・どこにあるの(;ω;)
posted by ゆかわ at 10:19| Comment(0) | 動画メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。