【重要】「蛇酢と木綿と」へお越しの皆様へ。 連絡方法について。ご一読ください。


2011年05月19日

ビデオが終了?

火曜日の午後ロードで私の大好きなクリスティーナ・リッチちゃんの出る「スリーピー・ホロウ」を録画してたので
さあ見ようと思ったら画面が真っ暗。
ぽかーん犬
音声は入ってます。
後でもう一度確かめてはみますが、古いのでついに終了しちゃったかも・・・
パソコンでテレビ見れるようにしようと思ってたとこなのでいいんだけど、
スリーピー・ホロウが見れない・・・もうやだ〜(悲しい顔)
再生して映像的にじっくり見ようと思ったのに・・・。
もっと奇想天外なイメージを持っていたのですが、展開などふつうっぽかったので拍子抜けしました。
一応ちらちらと画面は見てはいたので、騎士のキャスティングは確認済みわーい(嬉しい顔)
うむあの人じゃ不死身でも仕方ない。
今日やってた「フロム・ヘル」の方がひどくて良かった。誉めてます黒ハート
こっちは夜中にやってたのを一度見た記憶があったからうろ見でしたがちゃんと見れば良かった。
あと、りっちちゃんには大人の声優さんの方が良いと思います。地声低いし。




今週はジョニーデップ特集、
来週は「闘う漢(おとこ)のア・ツ・イ映画!!!」
シルミド/SILMIDOが見たいですがこのままでは録画できん・・・







以下「フロム・ヘル」ネタバレ・・
かも。



解剖医が見学者に拍手喝采を浴びる妄想をするシーンがありますが、
レンブラントの時代、当時のお金持ちの間では人体解剖を見学するのがステータスだったそうです。
彼も解剖シーンの絵を描いています。
切り裂きジャックは1888年(明治21年)、レンブラントが活躍したのは1600年代(江戸…!)で開きがありますが、なんとなくそんなことを思い出しながら見てしまいました。
犯人は死刑にはならないのですが、もっと残酷と思われる刑を受けます。
刑というか、一応「医学的処置」か。
うわーいやっぱりもう一度見ないとーモバQ
ジャックの声優さんが渋くて良かったです。

2009年に原作の日本語版が出たそうです。
小説かと思いきやグラフィックノベルということで、つまりまんがです。
ジャパニーズなまんが絵とは完全に違いますね。かっこいい。
つまり「まんが」って言わない方が「カッコイイ」ということなのかしら。
と思うとちと複雑な気分でもある。
翻訳は 柳下毅一郎さん。
みすず書房オフィシャルサイト


posted by ゆかわ at 04:40| Comment(0) | テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。