【重要】「蛇酢と木綿と」へお越しの皆様へ。 連絡方法について。ご一読ください。


2006年05月31日

すごパク

ゆうべたまたまニュース見ていて、
絵画の何点かを見たんだけどモロだね。
おそろしい。
練習のため模写したものがたまたま賞をもらってしまったとか
そういうことかと思ったのに、
そんなんじゃないようです。

思うんだけど、
ドロボウは自分の家がドロボウにあったら
許すんだろうか、ドロボウを。
たぶんこうだと思う。

「人がせっかくドロボウした物をドロボウしやがって!」

時間、体力、お金、いろんなものを費やして成した財産を
さくっと奪っていく、それがドロボウであり
盗作だ。
だから頭に来るし、ひどいことだし、恥ずべき事、
やっちゃだめ。

「和田氏、東郷青児美術館大賞作品も酷似」
芸術選奨の文部科学大臣賞を受賞した画家、和田義彦氏に浮上した盗作疑惑で、和田氏が「東郷青児美術館大賞」を受けた作品についても、イタリア人画家の作品と非常によく似ていることが分かりました〜

http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline3301774.html

追記6/2
こういうのってパクラレ側にばれ、そして反応として
それを怒ってる時点でゲームオーバーだと思う。
パクラレ側はあきらめるべきではない。
相手は日本人じゃないからおそらくコトナカレ精神は通じない。
大先生は盗んだと認めてみんなの前で潔く謝るしか道はない。

パクル人ってされる人の気持ち考えてないと思う。
万引きされ過ぎてつぶれるコンビニ店主の気持ちなんかきっとわからねえんだ。


●せっかくだから思ったことをここに書いておく覧。

ハードは盗んだらいけないけど
なぜソフトならいいと思うのか。
額縁に入った絵は盗まない、
でも描かれている内容は盗んでも良い
そう思うのは何故だろう。

ちょっと変えてるからオリジナルと主張できる、ばれない(のまねこ然り)
自分の理屈でそう考えた結果、
あんなにそっくりなものを人目にさらすことに抵抗がなくなるのはどの時点からなのか。

見た物を取り込んで消化して(うんこ)出すなら別物になってるかも(インスパイアETC)、
その形のまま、未消化で出してしまう神経。
そもそもほとんど消化しようとしてない。
もとのものを「いい」と思ったからかもしれない。
でもそれを自分で考えた、自分のソフトだと言ったら嘘になる。その神経。

ゲージツで名を売る、お金持ちになる、そのためにすべきこととして、
実力以外のものに頼ろうとした。
それが盗み。
盗みは偉くなる手段。
だとすればものすごい恥ずかしい。みっともない。ものすごい勢いで。

今回の事件は相当なインパクトがある。

もとの作者に敬意があれば、それを全面に出したろう。誰にもわかるように。
それをしなかった所に悪意を感じます。
posted by ゆかわ at 21:24| Comment(3) | TrackBack(6) | 通常メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060529k0000e040068000c.html

この比較だと、オリジナルのアルベルト・スギ氏の絵のほうが好きです。
ニュース見てると、絵自体の出来については誰も興味なさそうなのが、ちと寂しい気が。
Posted by dex at 2006年05月31日 23:32
色もそっくりな作品も見ました。
色の再現は難しかったことだと思います(^_^;)

あんまりそっくりなのでそのインパクトに負けてしまっていますが、
これだけテレビでも流れてますからスギ氏のファンが増えたらあちらも儲けものかも知れませんね。
ちなみに私はあんまり今回見た絵の内容には興味ないです。
喫茶店の壁にかかっててもそれほどじっくり
見ることはないかも。
Posted by at 2006年06月01日 08:18
名前忘れました。
Posted by ゆかわ at 2006年06月01日 08:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スギ氏に似スギ。
Excerpt: 今年になってもまた騒がれちゃってますね、盗作疑惑。今度は絵画。 イタリアの画家、アルベルト・スギ氏の絵画と和田義彦氏の絵画が あまりにも似ているということで疑惑が持ちかけられたのが数日前。..
Weblog: Stylish jam - Blog
Tracked: 2006-06-01 05:26

酷似した絵が受賞
Excerpt:  海賊版のソフトやCDなどは随分以前から指摘されていたりしますが、一方、ソフトによっては、バージョンアップをあきらめれば、基本ソフトを借りて。。。なんてことも個人的にでき
Weblog: ブログ らぷぽ
Tracked: 2006-06-02 09:52

盗作問題、ホンモンなら生き残る
Excerpt: 「盗作」でしょ・・・
Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2006-06-04 09:28

Snobbish World
Excerpt: 平成17年度芸術選奨で文部科学大臣賞まで頂いた、どこやらの絵描きさんが実は人さまの作品をそっくりコピーして、いままで数十点盗作、発表しバレないどころか絶賛されてきたというから、驚きというか日本の文化水..
Weblog: 石橋を叩いても渡らないかも?
Tracked: 2006-06-04 11:20

美 眼
Excerpt: 美顔ではなく美術眼。 平成17年第56回文部科学大臣賞 芸術選奨受賞者 和田義彦氏。 イタリアのアルベルト・スギ氏の贋作。 並べて比較すれば素人でも判る。 名前と取巻き(..
Weblog: 銀塩カメラ ぶろぐ
Tracked: 2006-06-04 16:39

芸術選奨画家の盗作騒ぎについて
Excerpt: 日本芸術選奨を受賞した洋画家 和田義彦氏の作品が、イタリア人画家 アルベルト・スギ氏の作品に酷似している、と指摘を受け、盗作の疑惑が発生した。結果として、芸術選奨選考委員会と文化庁は、芸術選奨の授賞を..
Weblog: 珈琲ブレイク
Tracked: 2006-06-10 20:49