【重要】「蛇酢と木綿と」へお越しの皆様へ。 連絡方法について。ご一読ください。


2010年11月25日

序。

歌手のグラハム・ボネットさんのファンです。


多分、アルカトラスの結成時あたりから。
情報収集が苦手なので、活動状況も彼についてのトピックも「そのときたまたま知ったこと」がメインで、日本のバンド「ANTHEM」のアルバムに参加した頃を最後に自分へのボネット情報はぷっつりとぎれてしまい、「調べてもわからないから調べない」という思いこみでそのまま過ごしてきましたが、最近になってふと気づきました。
インターネットがあると。
昔のPVとかあるのでは。
ありました。
あっさり多数の動画がヒット。
ほとんどが見たことのないものばかり。
そうか・・・そういう時代だったんだ。
止まっていた時間が動き出しました。

そして先日、文化放送を聞いていると寺島アナウンサーのCM。
レインボーの歴代ボーカリストが来日・・・
てことは、ボネットさん、来るんでは。
相当迷ってチケットを買いました。
自分なんかが行ってもいいんだろうか。
そういうのは、レインボーとかそれぞれの歌手の大ファンの人が行くところで・・・
などと遠慮していたら人生が終わるので、せっかくだから冥土のオミヤゲに、一目ボネットさんを見たい、という気持ちだけで。
2010年9月30日、渋谷CCレモンホール1階の、後ろから数えて何列目かの席で、ボネットさんの姿を見ました。
後で調べるともう60を過ぎているとのことでしたが、私は確かにあの声を聞きました。

会場でアルカトラスのライブdvdを買おうかどうかものすごく迷って買わなかった事を後悔し、ネットでいろいろ見ていると、買えるアルバムがたくさんあることに気がついてしまいました。
すべて以前の作品ですが自分にとっては新しい歌声。

約十年の空白が埋まり、それ以前や最新の情報収集もあっさりとできてしまうことに
ちょっと空恐ろしさも感じつつ、自分にとって彼の新しいナンバーがいくつか手に入ったことはただ嬉しく、そして今更ですが、彼がすばらしい歌手であることを再確認することもできました。

ここでは聴いたアルバムの感想や思ったことなどボネットさんにまつわる雑文を、少しずつ、適当な事も含めながら書いていきたいと思います。
よろしくお願いします。


posted by ゆかわ at 08:17| Comment(2) | グラハム・ボネットさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
私もアルカトラスの最初のアルバムよく聴いてました。
ベストヒットUSAでかかったヒロシマモナムールで感銘を受けた記憶が。
あと雑誌に出てたグラハムさんのインタビューも人柄の良さが感じられて、イイ人だ!!と惚れたりしてました。
アルバムは(プレーヤーもないので)先日人に譲ってしまいましたが
またあの声が聞きたくなりました。
悪い気とか、吹っ飛ばしてくれそうな声ですよね。
生で聞かれたんですね。
うらやましいです!
Posted by たーちゃん at 2010年11月26日 23:38
コメントありがとうございます。
曲もいいですが日本のヒロシマが題材に選ばれていることが驚きでした。
雑誌はほぼノーチェックだったので逆にうらやましいです。
10月にアルカトラスのDVDを買ったらインタビュー記事などのブックレットが購入特典であったようで、応募締め切りが5月…orz
http://www.happinet-p.com/alcatrazz/

確かに、ボネットさんの歌声は明るく力強いので邪気が払われそうですね。
中毒しております。
Posted by ゆかわ at 2010年11月29日 08:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。