【重要】「蛇酢と木綿と」へお越しの皆様へ。 連絡方法について。ご一読ください。


2006年02月28日

売れてるの?

右にある「彼女とデート」
たまに在庫切れになったり
中古がでたり引っ込んだりしてますが
不具合なのか売れてるのか。
398円なら割高ですね、ブクオッフーとかで
100えんぐらいで仕入れて売れたら儲かりますね。
いつ売れるかわかんないのがアレだけど。
アソシエイトはいまだ0円。

もしかしたら、
単行本が売れたら作者にお金が入ると思ってる人がいるかも知れないので説明します。
結論からいうと、入りません。
漫画の印税は印刷した時に発生するので、
単行本が出れば出るほど、また増刷されればされるほどお金になります。
商品がひとつ売れるたびに発生、というわけではないのです。
が、印税もらえば売れなくとも良いのかというと勿論そんなことはなくて、
前のが売れなかったから次は単行本が出ない、もしくは部数が減る、ということにもなるし、
抱えられた大量の在庫が絶版と同時にゴミとなって捨てられることにもなります。
だーれも触ってない新品の本がゴミに。
会社が中古屋に売ったりするとかできないのか知ら。

あるサイトで著作権と印税がごっちゃになってました。
ここの「収入について」。だれか教えてあげて)
死後50年続くのは著作権。
印税は前述の通り、単行本が出るたび、または増刷がかかるたびに発生しますので、
いっぺん出た本について一生もらい続ける事はできません。
絶版作品でも再出版されればOK、だと思うけど
同じ会社からの再版でも同じだけもらえるのかな?
経験ないのでちとわかりません。
いっぺん絶版になった本が同じ会社から出るなんて
普通はないと思います。
振って沸いたように映画化決定!とかそんなことでもないと。

新しいたんこうぼん出たいね〜
出たい。モバQ

また別の話だけど、アマチュアの人の漫画意見交換などみてると
言い切りに怖いものがあるね。
こういう表現はいけない、とかこうするべきだ、とか
例えば投稿するに当たってはサイズやその他規定があるけど
基本的に自由だからさ。
チラシの裏にマジックでも面白かったらいいの。
マジックだったら印刷にも耐えるし、あとは担当さんの仕事になるかもしんない。
チラシ漫画というジャンルができるかも知れない。
それにはすげーおもしろいというのが大前提だ。
書式を極めるのも良いかも知れないが
面白い、というのを目指さないか。わこうどよ。
おいらもだけどね。
posted by ゆかわ at 07:48| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょうはここへ漫画へ仕事したかったみたい。
例えばゆかわが書式を話するつもりだった?
Posted by BlogPetの焦土 at 2006年03月01日 15:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13905449
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。