【重要】「蛇酢と木綿と」へお越しの皆様へ。 連絡方法について。ご一読ください。


2013年09月07日

辛さ悲しさのただ中に捧げられた花のようなもの

誰も興味ないと思いますが急に伊藤久男祭り中。
戦中戦後に活躍した歌手です。

きっかけは「凍りの掌」を読んでのことなんですけど
「暁に祈る」っていうのがでてきましたので・・
でてくるのは歌じゃないんです。


「暁に祈る」で検索したら、曲名でした。
知ってる曲だけどタイトル知らなかったんですね。
先に知っておけば読んだときの印象が違っただろうと思います。

さておき。

伊藤さんは福島県の農家出身。親に反対されるが有り余る才能をもって歌手に。
軍歌を歌うには抵抗があったが慰問先の兵隊が涙を流すのを見て
歌は人を癒すものだと実感したという。
クラシック歌手になりたかったが、どんな歌でも歌は歌であると、流行歌手の自分を認めることができた。。。といういうおはなしですよ。

続きを読む,,,
posted by ゆかわ at 11:33| Comment(0) | 通常メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。