【重要】「蛇酢と木綿と」へお越しの皆様へ。 連絡方法について。ご一読ください。


2012年08月31日

ワレハロボット

120831_1512~002.jpg120831_1512~001.jpg
posted by ゆかわ at 15:14| Comment(0) | みちすがら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギャース

120831_1407~001.jpg
posted by ゆかわ at 14:09| Comment(0) | みちすがら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こちら!

120831_1357~001.jpg
posted by ゆかわ at 13:58| Comment(0) | みちすがら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏休みなう

120831_1252~001.jpg
posted by ゆかわ at 12:53| Comment(0) | みちすがら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふくいちライブカメラの煙

http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html
今煙出てます。
左から流れてきているらしい。
昨日も同じような時間に出てました。
なんなのか最近の情報が見つからないのでとりあえず。
posted by ゆかわ at 10:13| Comment(0) | 通常メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記事が行方知れず。

朝日新聞
原発の全電源喪失、米は30年前に想定 安全規制に活用
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103300512.html?ref=reca

ずいぶん前のNスぺで見ましたが、GEのマーク1型についての電源喪失からメルトダウンのシミュレーションは
アメリカの研究者がとっくの昔に作っており、研究者、技術者なら知ってる情報のはず。
番組の感想を記事にも書いたんだけど記事検索で出ない。
欠陥、マーク1などのキーワードで出ないなんて・・・

検索ついでに見つけたので貼っておきますね。
山岸凉先生の「パエトーン」
無料で読めます。
http://www.usio.co.jp/html/paetone/index.html
※現在は宇宙探査にも原子力が使われたり研究されたりしてますね。
http://art.aees.kyushu-u.ac.jp/research/index-j.html

ZAKZAK
事故原発は“欠陥品”? 設計担当ら35年ぶり仰天告白2011.03.18
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110318/dms1103181534014-n1.htm
欠陥については震災直後に記事が出てるんですね。
この辺の日付で探せば見つかるかな。
シーサーはまさか検閲なんて無いよね。

以下引用
>福島第1の原子炉は米ゼネラル・エレクトリック(GE)が開発した。そのGE元社員のデール・ブライデンボー氏はロイター通信の取材に対し、福島第1と同型の原子炉について35年前に安全面での不安を指摘していたと打ち明けたのだ。
 そのうえで同氏は「分析が終わるまで一部の原発は閉鎖されるべきだと思ったが、GE側は応じなかった。そのため、私はGEを辞めた」と、退社した経緯を説明した。

>米メディアの報道と設計者の証言をまとめると、もともと事故時の危険が高い米国発の原発が、津波や地震のリスクを十分に考慮せず建設、運転されてきたことになる。前出のブライデンボー氏は今回の事故について、「マーク1型格納容器が、他の原子炉ほど地震や津波の負担に耐えられないことから(事故が)生じた」と分析している。

引用終わり。

ふくいち1,2号機がGEのものですね。
福島第一原子力発電所wiki
番組では上記の内容と、別の研究者による電源喪失のレポートなど紹介。
ちなみに電源喪失のレポートを作った人は推進派で、
「原発はコストが高いかもだけど、50年60年と使えばプラスになりますよ」、とか話していました。
東電はそこだけ聞いてたんですかね(´・ω・`)
実際は老朽化するし事故の危険が上がるのに・・
あと、自分は原発の隣にも住めるって。
そのくらいの自信があるんですね。
でももろもろ杜撰すぎる日本の原発のそばには住んでくれないだろうな・・・


続きを読む,,,
posted by ゆかわ at 07:46| Comment(0) | 通常メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。