【重要】「蛇酢と木綿と」へお越しの皆様へ。 連絡方法について。ご一読ください。


2012年07月20日

改めて、原発さえなければ・・・

タイトルを色々考えて、結局こうなった。

警戒区域には今もたくさんの動物たちが取り残されています。
犬猫などのペットは一部国でも保護をしたようですが、家畜は原則殺処分。
現状として多くの動物たちをボランティアさんや農家さん自身がなんとかしている。

これはペットを飼う人や、畜産・酪農する人々にとって他人事ではない、重要な問題です。
自分の住んでいるところで同じ事が起こればこうなる、ということです。
自治体などで何も決めていなければ・・・

ここでは牛たちに関して書きます。

希望の牧場さんから
【重要なお知らせ】公開討論会「被ばく牛の生きる意味とは」
■日時:7月28日(土)
■場所:「希望の牧場・ふくしま」 事務局
■当日は遠方の方のために討論会の模様をUSTREAMで生中継します!
[ チャンネル名 ] 「希望の牧場」News-Live
[ 放送アドレス] http://ustre.am/GeFO
[ 放送時間 ]   7月28日(土)13:00〜16:00予定

以下引用
>今月5日(木)、福島第一原発20キロ圏内における家畜の飼養者に対し、
日本獣医師会主催の情報交換会が開催され、
現在飼養されている農場、頭数、現況などを各農場ごとに報告、
困っていることなどの情報交換、被ばく牛の活用方法、
今後の展開などについての意見交換が行われました。

プロジェクトの概要
(1)被ばく家畜の“家畜”としての再生の模索
(2)耕作放棄地の保全管理などへの活用
(3)安楽殺、解体を含めた研究への活用

びっくりですが、獣医師会は牛にきれいな餌をしばらく与えると問題なくなり、出荷できると言っているそうです。
このことは情報交換会に出席した方のブログなどに書かれたことで、説明会の中継も資料もなく、外部の者に詳しいことはわかりません。
日本獣医師会のページにもそれらしき事は書いていないみたいですが・・・
http://nichiju.lin.gr.jp/
続きを読む,,,
posted by ゆかわ at 09:34| Comment(0) | 通常メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。