【重要】「蛇酢と木綿と」へお越しの皆様へ。 連絡方法について。ご一読ください。


2012年05月13日

警戒区域で生きるいのち


考えてみると動物だけではないのですが。

警戒区域からのSOS「希望の牧場・ふくしま」写真展
〜小さなふくちゃんが教えてくれたこと〜

○開催日:2012年5月11日(金)〜2012年5月14日(月)
○時間:11:00〜19:00予定 (最終日は15:00まで)
○会場:ART・IN・GALLERY(アート・イン・ギャラリー) 
○住所:東京都渋谷区神宮前4−25−3
○入場料:無料
○アクセス
 地下鉄/千代田線・副都心線「明治神宮前」徒歩5分(5番出口)
 JR/山手線「原宿駅」徒歩6分 (表参道口・竹下口)
 地下鉄/銀座線・半蔵門線「表参道」徒歩6分(A2出口) 
※地図はこちら >>  http://homepage3.nifty.com/art-in-gallery/map-3.htm

最終月曜日は3時まで。
日曜1〜4時は渋谷駅前で吉沢さんが活動。


思ったより沢山の写真がありました。
生きているふくちゃんと、生きてないふくちゃん。
おはかにはいる前のひととき、近くの牛が
ふくちゃんをなめている写真。
あるいは、すでにこときれてしまった(であろう)仔牛を
大人の牛たちがみんな見ている。
なめようと舌を出している。
当然、親牛はその中の一頭だけ。
その愛情深さに胸がいっぱいになった。

ある時牧場を元気にかけぬけるわんこが目撃されましたが、
写真でどういうわけかわかりました。
悪いのは原発。
人がいる間は絶対起こらないことだった、それだけ。

牛は足をそろえて立つ。
前からの写真をよく見ると、胴体は丸くて太いけど、肩幅や腰が狭く、
従って立っている足の間隔が狭い。
馬車は颯爽と、牛車はおっとりと。
公家様が牛車に乗る理由がなんとなくわかった気がする。

時々思慮深い表情の牛の写真を見かけることがある。
牛はきっと何かを思っている。
続きを読む,,,
posted by ゆかわ at 06:51| Comment(1) | 通常メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする